第9回公演
『ソノゴノセカイ』

    作・演出 さいけ






              @TACCS1179

               2019年2月14日(木)~17日(日)

 
1581575040764_edited.jpg

世界で一番大事な人がいなくても、日々は続いていく。

忘れてしまうその日まで何をしてこれから生きていよう。


輝く世界。この空も光も。

もしあなたが傍にいてくれたら、前を向いて歩いていける。

例えばあなたがついた嘘を全て消し去れたとしても、それは私ではないと思う。

嘘も真実も空の向こう。


輝く世界。この空、色、光。

眩しさに二人で顔しかめ、笑い合えたあの幸せと。


世界で一番大事な人がいなくても、日々は続いていく。

忘れた思いは胸の中。

何をしてこれから生きて行こう。


あなたと共にどこに行こう。


太陽の光が強くなり、地上での生活が難しくなった人々は、

環境や人体に多くの問題を抱えるようになった。


そんな中、産まれてからずっと地下に閉じ込められていた少女が発見される・・・。


カガヤクセカイのその後を描く、カガヤクセカイ三部作の第二弾。


「君にこの世界を救って欲しい」

 
1581575040764_edited.jpg

○公演日時○

2020年4月

23日(木) 19:00

24日(金) 14:00/19:00

25日(土) 14:00/19:00

26日(日) 12:00/16:30

※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前を予定。


○劇場○

シアターTACCS1179

〒161-0034

東京都新宿区上落合1-17-9



○チケット○

前売り4000円 

当日券4500円 

3月6日 22:00受付開始


○出演者○

北川トモミ

多賀栞里

菅野友絵

笠原芽吹

(以上ポポポ)


佐藤大樹

下平久美子(類プロダクション)

日比博朋(ベニバラ兎団)

斎藤未来

成瀬麻紗美

渡邉千奈津(放課後ランナー)

坂本雅昭

佐野恵海(劇団ピンクメロンパン)

大塚真矢

吉田理奈

中沢徳人

大里冬子(茶谷堂)

ウォーレン・リウ(時空DO画)

森侑平

岩間優子

若山武蔵

篠原ありさ

生粋万鈴(ハグハグ共和国)

田中希奈(八角家)



○スタッフ○

舞台監督・ 舞台美術:入倉津

照明:志佐知香(FictiF)

音響・フライヤーデザイン:臼井倶里

作曲:cue・那須寛史(QooSue/Studio Slow Slope)

振付:梅田めぐみ(元素G)

演出助手:田島謙太(猫舌コンプレックス)・竹田航(ギロチンメソッド)

衣装アドバイザー:久保田早織

舞台写真:石川駿人

制作:ポポポ 高柳有希 


お問い合わせ:gekidann.popopo@gmail.com

 

©2019 by ポポポ。Wix.com で作成されました。

第9回公演『ソノゴノセカイ』